POCHIの日記

アマチュア無線とCBR250Rを紹介しています。

FT-847 100W機を50Wに改造


上蓋を開けました。これからFT847 100W機を50Wに改造します。新スプリアス保証対応にするための作業です。この改造が、出来るのも諸先輩方の情報共有のおかげです。感謝 !!

チツプ抵抗の除去は、50(VR3004) H (VR3006) HD(VR3005)の3箇所です。すべて自己責任で、除去されて下さい。少し勇気が、必要かもです。


チツプ抵抗の除去が、完了しました。拡大鏡が、なければ見えません。(歳のせい ?) 米粒半分程度のチツプ抵抗を外します。全神経をコテ先に集中させます。他のパターンを壊さないように慎重にすべきです。1/4Wの抵抗でさえ米粒より小さいです。

2,2KΩ1/4Wの取り付けが、完了しました。見栄えより作業のしやすさを優先しました。動作確認しましたら送受信ともに正常に動作しています。今日の作業は、ここまでです。ダイアモンドのダミーロードが、到着次第50Wの調整とデイスプレイ50W表示の作業をします。

 

*************  2022,11,30迄  **************

     2007年(平成19年)11月30日以前に製造された古い無線機の使用期限(経過措置期限)は、2022年(令和4年)11月30日までです。お忘れがないようにしましょう。

延期

経過措置の期限を「令和4年(2022年)11月30日」から「当分の間」とする。
新スプリアス規格に移行していない無線局の使用は、令和4年(2022年)12月1日以降、他の無線局の運用に妨害を与えない場合に限り、使用することができる旨の条件を設ける。

f:id:pochi-m:20200814095054p:plain