POCHIの日記

アマチュア無線とCBR250Rを紹介しています。

九州北部梅雨明け

今日のNHKラジオ昼のニュースで、九州北部が梅雨明けしたと放送していました。えっ !! ちよっと早すぎませんか ? 梅雨末期の大雨も降らない梅雨明けを知らせる雷も鳴らない。わずか2週間オーバーのこんな短期の梅雨あるのかな。昔は、冷夏が数年続きで発生したことがあります。今年の夏は、暑そうです。心配なのが、水不足です。

 

                        

音楽は癒し


www.youtube.com


www.youtube.com

何故か綺麗な曲を聴きたくなったので、バリーホワイトの「愛のテーマ」を検索しました。今夜は、これでゆっくり眠りにつけそうです。

奏でてくれるのは、お気に入りの「ラジオ少年」50BM8使用のステレオアンプです。もう製作してから3年が近くなりますが、何ら不具合もなく暖かいヒーターを灯す良きアイテムです。

 

pochi-m.hatenablog.com

 

                         

 

50MHz Es 0626

今朝は、8時位からオープンしていたようです。10:30に公園に到着し自作スカイドアの仮設に取り掛かります。

誰一人いない公園で、コロナには無縁のアマチュア無線移動運用三昧とします。

今日は、南西の風が大変強くポールがしなります。蒸し暑い一日でした。

QRP1Wの運用なので、電力に優しいKX3を使用します。以前のトラブルから回避できたようです。今のところエラーは、発生していません。

10W以上送信することもないので、電源はバツテリーから直接給電します。いつもは、バツテリー端子にナット締めするのですが、今日は無精して充電器のクリップを使い挟み込んでいます。

 

11時開局です。1,7,8が開けています。1エリアの局をコールするとすぐさま応答が、ありました。QRPながらよく飛んでいます。バンド内QRP運用されている局を見つけることが、できません。SSBでも8との局とQSOすることに問題ないコンディションです。

 

13:31下のほうの周波数50,053MHzで、ALL JA8コンテストに参加されている道内局を見つけて、QRPp100mWでCWによるQSOが成立しました。相互に599のリポート交換が、できました。

 

スカイドアを使うにあたり感じたこと。どうも八木系とは、異なる受信状況に出くわすことがあります。8のYLさんとQSOされていた熊本の局が、8に届かず尻切れトンボとなりました。私のスカイドアでは、55で入感しています。YLさんが、CQを出されたのでコールするとちゃんとQSOできました。その後に別の8のCQ局にコールすると応答ありです。不思議と私の交信のあとが、続かないのです。そんな理解できない現象に度々遭遇するのです。八木系とスカイドアの違いを感じてしまうのです。八木系では、聞こえていない ? と思えることが度々あります。電離層の移動とか入射角とかもあると思うのですが、ひよっとしてスカイドアは、フェードアウトに対する持ちが優れているのかも知れません。6年以上スカイドアで運用する限りそんな感想を抱いてしまうのです。

pochi-m.hatenablog.com

pochi-m.hatenablog.com

15時に閉局して、公園近くの移動販売車で「かき氷」を食べることにします。

ウオーキングの後の「かき氷」は、美味しかったです。

                   

 

50MHz Es 0625

今日は、海上伝搬も期待できるロケーションのいい所へ昼食を兼ねて移動しました。電波の行先は、日本海にまっしぐら ! !

HV'7CXで、聴くと7,1エリアが入感しています。これは、Esもいけそうと昼食を取りやめてスカイドアを上げることにします。手慣れたもので、15分もあれば青空に立ち上がります。

HV'7CXで、S1も触れない局がスカイドアだとS4~5と自作スカイドア効果を確認できます。昼食を後回しにして、1エリアの局と立て続けに2局と交信できました。こだわりは、QRP1Wです。よし ! これで昼食としよう。愛想のいいお姉さんが、運営するお店で仕入れた明太子入り韓国風海苔巻きとコッペンそれにコロッケとボリューム感たっぷりの昼食です。さて、満腹になったところで午後の部に挑戦です。奄美大島QRP CWの局を見つけてコールしたら応答ありです。2回ほどサフィックスを送るもQSOには、何ら問題なしです。QTH,OPまで送られてきたので、こちらからもJCCコードにOPを送りました。普段は、BK UR599の送出が多いのですが今日は少し頑張りました。久しぶりのことゆえ案の定人間コンピューターが、フリーズぎみで次の符号が打てません。間が、あまりにもあくと相手局も察知するでしょう。すかさずTNX NICE FB QSOと送りファイナルとしました。鹿児島方面の局は、この局しか確認できず障害物のない海上伝搬が楽しめたのではと思われます。ダイアルを廻すとパイルアップになっている周波数が、ありよく聞くと6M6Mとコピーできます。聞き慣れぬコールサインです。韓国のIOTA-AS105のサービスをする特別局です。JAの多くの局が、コールされていました。今日は、海が見えるロケーションで遠くの船を眺め優雅な気分で4時間の運用を楽しみました。長い時間安定したEsでした。(16時にフェードアウト)交信して頂きました各局長様ありがとうございました。

                       

 

ホタル観賞

先週の土曜日厳原町にホタル観賞に行きました。行くべきスポットを皆さんご存じのようで、子供さん連れで沢山の方がホタル観賞を楽しまれています。ゲンジホタルの群れは初夏のクリスマスツリーそのもので幻想的な景観を楽しめます。来たばかりの子供さんが、クリスマスツリーだ ! ! 目に入ったものを素直に表現した言葉です。6月上旬から下旬までは、見ることができます。2回ほど足を運びました。活動のピークは21時頃で、発光の歩調が揃います。その付近のホタルが、ぴったし息を合わせて発光するのは見応えがあります。デジタルカメラで、どうにか撮影できました。発光とシヤッターのタイミングが、うまく合いません。ホタルの撮影には、適したカメラでありません。初秋には、国内で唯一対馬でのみ生息するアキマドホタルも見ることができます。忘れることがなければ、ぜひ見たいものです。

                        



 

紅あずま

以前植え込みしていた紅あずまが、枯れてしまい追加の植え込みをしました。苗が、D.I.Yで目に入り思わず手にしました。平行植えとします。

苗が、付かない原因は土壌にあるのかもしれません。例年植える場所に植えず新たな場所に植えたのが、失敗なのでしょう。小石ゴロゴロでは、付きにくいのかもと思います。

追加の苗を10本植えてみました。10本で400円程です。梅雨入りとはいえ雨が、少なく困りものです。

 


www.youtube.com

 

                        

 

ジャンプスターター

ライトの消し忘れでバツテリー上がりを発生させました。セルモーターを回すパワーもなく身動きが、とれません。近くの整備工場に救援を求めました。しばらく待つと整備員が、到着して作業に取り掛かりました。見ていると何やら弁当箱大の器具で、車両本体のバツテリーにケーブルを接続しています。「OKです !」 の合図の後バツテリー上がりの車両のイグニッションキーを回すと直ぐに始動できました。今時は、ブースターケーブルを持ちまわる時代では、ないんですね。小さな箱一つで、バツテリー上がりの問題を解決するのです。大変興味が、もてたので整備員に商品名を聞きました。それが、ジャンプスターターJstar4なのです。スマートフォン等の充電も可能。これは、常備すべき商品とばかりにアマゾンに注文しました。タイムセール中だったので、8,200円で手に入れました。10年20年と使えないことは、承知の上です。

開封してみます。

箱を開けるとしっかりとした作りのキャリングケースが、出てきました。

収納状況です。日本語マニュアルも添付されています。

到着時85%の充電状態でしたので、パソコン工房のパソコンから電源を供給して充電します。1時間ほどで、100%に充電できました。USB Cタイプのケーブルが付属していますので、それを使います。

車両のバツテリーの電圧を測定しているところです。この作業では、ジャンプスターター本体には接続しません。

車両本体の電圧は、12,6Vが示されています。3か月に一度充電して下さいと説明書にも注意書きが示されています。バツテリー上がりには、強い戦力になることは間違いありません。今の車は、バツテリーは重要な存在です。バツテリー上がりを起こすとエンジンが、始動できないどころかパワーウインドウも車両ロックも出来ない状態に陥ります。ジャンプスターターJstar4の導入で安心できるドライブが、楽しめます。

                                                                                     

 

AAコンテスト 0620

左HV7CX  右HF80CL

AAコンテスト最終日05:30自宅前の道路に出て、HV7CXで参加します。EUが、ガンガン入感しています。オーバー9のハンガリーの局をコールしたところ応答ありです。1回のコールで、下手くそCWのマイコールサインをコピーしていただくのは、嬉しいものです。(技量は、それほどの域です(笑))RST + 年齢を送りQSO成立です。アンテナとアンテナの間が、340度EU方位になります。遠くに見える山の方向が、ヨーロッパ方面です。ほかドイツの局ともQSOでき朝活としては、十分なものです。やはり朝のEUですね。多くの局が、運用しているのでDXとの交信のチャンスに恵まれます。モビホでも楽しめるコンテストでした。今度は、 電話部門 2022年 9月3日(土)09:00から 9月5日(月)09:00(JSTに参加予定とします。

                         

 

AAコンテスト 0619

朝5時から固定局シヤックで、EU狙いで運用しました。アンテナは、5mH8エレメントトライバンド八木(ミニマルチ8SDX)です。反射器が、30度ほど台風で回転した状態の未整備アンテナです。その高さでもドイツ、ハンガリーQSOできました。

昼からは、移動運用とし10,14MHzのギボシアンテナを久しぶりに立ち上げます。

傾斜型のダイポールアンテナとして、動作させます。給電部6mHしか稼げません。SWRも1,5と許容範囲です。

13時から始めて、北米3局インドネシア,フイリピンとQSOできました。装備は、FT-847で50Wの出力です。もう夏空です。Tシャツで、作業していたら首回りがピリピリになり焼けてしまいました。A Aコンテストも明日20日09:00JSTまでです。